【RI特約記事】グローバル・パブリック・ポリシー委員会(GPPC)が気候変動を監査の重要課題にすると明言  大手会計事務所6社が気候リスクに関する公開書簡を発表

RI_logo

 グローバル・パブリック・ポリシー委員会(GPPC)が、国際会計基準審議会(IASB)宛ての書簡で、企業の財務報告書が気候リスクを十分に反映したものとなるよう「自らの役割を果たしていく」と明言した。GPPCは4大会計事務所(デロイト・トウシュ・トーマツ、アーンスト&ヤング、KPMGおよびプライスウォーターハウスクーパースPwC)と中堅2社(BDOおよびグラントソントン)から成る。6社は書簡で、

【RI特約記事】オランダの年金大手ABPが責任ある税の原則を策定  PRIも推進するガバナンス分野の潮流

RI_logo

 本稿は、レスポンシブル・インベスターの掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 オランダの年金基金であるABP(運用資産総額 4,580 億ユーロ)が、税務責任に関する10の原則(principles on tax responsibility)を公表した。

 企業の税の透明性はESGの重要な問題であるとの見解から、国連責任投資原則(PRI)は署名機関投資家

【RI特約記事】Climate Action 100+が進捗レポートを発表 「スコープ3排出量をカバーしたゼロエミッション」を目標として掲げる企業はわずか10%

RI_logo

 本稿は、レスポンシブル・インベスターの掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 気候変動イニシアチブであるClimate Action 100+ (CA 100+)が、昨年に続き2度目の進捗レポートである「2020Progress Report」を公表した。レポートでは、エンゲージメント対象企業167社の約半数(43%)が

【RI特約記事】世界共通のサステナビリティ報告基準を策定するSSB設立にまたとない機会の到来

RI_logo

 本稿は、レスポンシブル・インベスターの掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 企業には、財務報告書と同様に厳格なグローバル基準に沿ったサステナビリティ報告が求められる時代が到来した。

 その背景には4つの要因がある。

  1. サステナビリティへの関心は転換点を迎えている。地球の終焉の訪れを警告する新たなデータが、ほぼ毎日のように発表されている

【RI特約記事】ネガティブエミッション技術が広がれば2050年までに年間8,000億ドルの市場規模に PRIレポートは投資家の役割の重要性を指摘

RI_logo

 本稿は、レスポンシブル・インベスターの掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 責任投資原則(PRI)は最新のレポートにおいて、ネガティブエミッション技術(NETs)は投資家に数兆ドル規模の新たな投資機会をもたらす可能性があると発表した。排出量ネットゼロの野心的目標を掲げる国や都市、企業が増えているからだ。

 PRIのレポート「An Investor

【RI特約記事】水問題は今そこにある危機。投資家は取り組みを強化すべき - Ceres, Kirsten James

RI_logo

 本稿は、レスポンシブル・インベスターの掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 筆者の出身地であるカリフォルニア州を襲った破壊的な森林火災は、多くの人に気候変動危機の現実に目を向けさせる警告となっている。だが、これと並行して同州や世界の多くの地域で進行しつつあるもう1つの危機がある。それは「水危機」である。

 森林火災の後に残った何千トンもの灰は

【RI特約記事】製薬・医療セクターが抱えるオピオイド危機と反競争リスクを投資家が問題視:企業に変化を促す投資家イニシアチブIOPAとは

RI_logo

 本稿は、レスポンシブル・インベスターの掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 Investors for Opioid and Pharmaceutical Accountability(IOPA)は61の機関投資家が参加する投資家イニシアチブで、運用資産総額は4兆2,000億ドルに上る。2020年の株主総会シーズンからは従来の名称であるInvestors

【RI特約記事】CA100+は排出量ネットゼロ戦略の評価ツールを発表 総額47兆ドルの運用資産を擁する投資家イニシアチブは企業161社のCEOと取締役会議長宛てに脱炭素移行計画を問う書簡を送付

RI_logo

 

 本稿は、レスポンシブル・インベスターの掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 気候変動に関するエンゲージメントを推進する投資家グループ「Climate Action 100+(CA100+、加盟500団体の運用資産総額は47兆ドル以上)」は、世界で最も環境に悪影響を及ぼしている上場企業161社の取締役会議長および最高経営責任者(CEO)宛てに書簡を送り

【RI特約記事】CFA協会、投資商品のESG情報開示新基準に対する意見公募を開始

RI_logo

 本稿は、レスポンシブル・インベスターの掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 CFA協会は、投資商品のグローバルなESG情報開示基準(ESG Disclosure Standards for Investment Products)の策定を進めており、8月にその草案を発表した。MSCI、ブラックロック、責任投資原則(PRI)、UBSグローバル・アセット

【RI特約記事】バンクトラックが赤道原則の履行状況を調査 高リスクプロジェクトの多くで不履行が明らかに 赤道原則協会に署名機関の監視強化を要求

RI_logo

 本稿は、レスポンシブル・インベスターの掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 オランダの国際環境NGOバンクトラックは、最新の報告書「Trust us, we’re Equator Banks」において、赤道原則(=大規模なプロジェクトファイナンス等において、自然環境や社会的リスクに配慮していることを評価・確認するための金融機関のガイドライン