【RI特約記事】Climate Action 100+が発足以来初の進捗レポートを発表 気候変動に対する企業の更なる取組みを期待

RI_logo

 本稿は、レスポンシブル・インベスターの掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 10月2日、気候変動イニシアチブClimate Action 100+(以下、CA100+)は2017年の発足以来初となる進捗レポート「2019 Progress Report」を発表した。CA100+がエンゲージメントの対象とした

World Gold Council が「責任ある金鉱採掘原則(RGMP)」を発足

 金業界のための市場開発組織であるWorld Gold Councilは9月12日、「責任ある金鉱採掘原則(RGMP: Responsible Gold Mining Principles)」を発足した。消費者、投資家、サプライチェーンの下流に対して、責任ある金鉱採掘の在り方を明確に示す、新たな枠組みである。同組織はバリック・ゴールドをはじめとする世界の大手金鉱山企業の参加メンバーと協力し

【RI特約記事】 パリ開催の「PRI in Person 2019」でフランスがEUアクションプランと欧州グリーン・ニューディールの実施を強く働きかけ

RI_logo

本稿は、レスポンシブル・インベスターの掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 フランスのマクロン大統領は9月10日、パリで開催されたPRI in Personの開会式にビデオ・メッセージをよせ、アマゾン森林火災の消火支援のため、民間にも寄付を呼び掛けた。これは、フランスを含む各国が連携してアマゾン森林火災対応のプロジェクトの一環であり、次回の国連総会でも働きかけを行う

【RI特約記事】投資家は再エネ技術のサプライチェーンが抱えるESGリスクに直面 国際人権NGOビジネスと人権リソースセンター(BHRRC)が「Transition Minerals Tracker」を発表

RI_logo

本稿は、レスポンシブル・インベスターの掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 再生エネルギー技術のサプライチェーン上では、搾取と人権侵害が横行しており、投資家は計り知れないESGリスクに晒されていると、国際人権NGOのビジネスと人権リソースセンター(BHRRC)が発表した。

 BHRRCの調査によると、2010年以降

【RI特約記事】サステナビリティ基準設定機関が乱立する現状に一石を投じたIASB議長の発言が波紋 機関の統合による「混乱状態の解消」を提案

RI_logo

本稿は、レスポンシブル・インベスターの掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 国際会計基準審議会(IASB)のハンス・フーガーホースト議長は、将来の企業報告のために、サステナビリティ報告基準設定機関の統合を検討すべきと提言した。議長は今年5月のCorporate Reporting Dialogue(CRD)の会合でも、こうした考えを述べていた。CRDは

【RI特約記事】GPIFがCalPERSに運用報酬と情報開示をめぐる連携を呼びかけ 水野弘道CIOがCalPERSの投資委員会で幅広いテーマにコメント

RI_logo

本稿は、レスポンシブル・インベスターの掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の水野弘道氏(理事 兼 CIO)は、カリフォルニア州職員退職年金基金(CalPERS)にアセットオーナーが協調し運用会社に対する実績連動報酬の導入を働きかけ、これを「業界慣行にするよう」呼びかけた。水野氏は8月20日、CalPERSのベン・メン(Ben

【RI特約記事】IPCCの警告を受け食肉に注目が集まるなか、ブラジル食肉加工大手のトランジション・ボンドに対する市場評価は割れる

RI_logo

本稿は、レスポンシブル・インベスターの掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 8月、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が土地の利用と気候変動に関する特別報告書「Climate Change and Land」を発表した*1。エネルギーを大量に消費する動物性食品の代替として、雑穀、豆類、果物・野菜、ナッツ、種子類が中心とした「持続可能な食事」を選択することで

【RI特約記事】気候債券イニシアチブ(CBI)、EUタクソノミーに準拠した初のグリーンボンド基準を9月に公表

RI_logo

本稿は、レスポンシブル・インベスターの掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

国際NGOの気候債券イニシアチブ(CBI: Climate Bonds Initiative)は、EUタクソノミーに準拠した世界初のグリーンボンド基準を9月に公表する。CBIのアドバイザリーコミッティで、CBIが策定する気候債券基準(Climate Bonds Standards

【RI特約記事】FAIRRが養殖漁業をめぐるリスク管理の徹底を投資家に注意喚起 市場規模2,300億ドルの成長産業が直面する温暖化と抗生物質耐性リスクの脅威

RI_logo

本稿は、レスポンシブル・インベスターの掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 温暖化と抗生物質の過剰使用が世界的に広がれば、2,300億ドル規模の市場を持つ水産養殖セクターを揺るがしかねない。資産総額12兆ドルを擁する、畜産動物の問題に特化した投資家イニシアチブ「FAIRR(Farm Animal Investment Risk & Return)」は