【ESG投資実態調査2021】(4)《解説》投資コスト、対話の実効性など課題

 QUICKリサーチ本部ESG研究所は2022年1月20日、日本に拠点を置く投資家のESG(環境・社会・企業統治)投資の実態を明らかにするために実施した「ESG投資実態調査2021」を公表した。集計結果から浮かび上がったESG投資の傾向や課題を解説する。

《解説》

■ESG投資の増加傾向は変わらない

 今回の調査で

【ESG投資実態調査2021】(3)価値評価に「事業モデルの強靭性」など定性面組み入れ

 QUICKリサーチ本部ESG研究所は2022年1月20日、日本に拠点を置く投資家のESG(環境・社会・企業統治)投資の実態を明らかにするために実施した「ESG投資実態調査2021」を公表した。集計結果の最終回はESG投資手法を取り上げる。

《ポイント》

【ESG投資実態調査2021】(2)日本株運用全体に占めるESG投資の割合が7割に上昇

 QUICKリサーチ本部ESG研究所は2022年1月20日、日本に拠点を置く投資家のESG(環境・社会・企業統治)投資の実態を明らかにするために実施した「ESG投資実態調査2021」を公表した。集計結果の2回目は、ESG投資の将来像を取り上げる。

《ポイント》

  • 日本株運用全体に占めるESG投資の割合は有効回答社数の70%(以下すべて設問ごとの有効回答社数に対する割合)と

【ESG投資実態調査2021】(1)重視するテーマ上位は気候変動や人権など

 QUICKリサーチ本部ESG研究所は2022年1月20日、日本に拠点を置く投資家のESG(環境・社会・企業統治)投資の実態を明らかにするために実施した「ESG投資実態調査2021」を公表した。集計結果を3回に分けて紹介する。まずエンゲージメント(対話)のテーマを取り上げる。

《ポイント》

【ESG投資実態調査2021】重視するテーマ、生物多様性が急浮上

 QUICKリサーチ本部ESG研究所は2022年1月20日、日本に拠点を置く機関投資家を対象に実施した「ESG投資実態調査2021」を公表した。調査は今回が3回目。2021年度に重視するエンゲージメント(対話)の上位のテーマは「気候変動」、「人権」、「ダイバーシティ&インクルージョン(多様性の尊重)」、「環境サプライチェーン」、「生物多様性」で、生物多様性は前回調査から最も増加幅が大きかった。

【サステナビリティ意識調査】(8)SDGsへの取り組みが生み出す価値について情報発信を

《解説》

 QUICKリサーチ本部ESG研究所が今年初めて実施した「サステナビリティ意識調査2021」では、「若者の方がサステナビリティに対する関心が高く、SDGsの認知度も高い」というイメージが覆される結果になった。5歳刻みの人数がそろっていないので参考データだが、20代後半よりも20代前半の方がESG投資、エシカル(倫理的)消費ともに積極派が多く

【サステナビリティ意識調査】(7)課題への取り組みにプレミアムを支払う人の関心は環境

 前回の(6)で説明したように、エシカル(倫理的)消費意識を価格との関係から、「①値段に関係なく買う」「②1~2割程度までなら高くても買う」を選んだ人を、企業のサステナビリティ課題への取り組みにプレミアムを支払う「エシカル消費先進群」、また、「③同じ値段なら努力している企業の方を買う」を選んだ人を、購入時にサステナビリティを一定程度考慮する「エシカル消費検討群」に分類した。

 サステナビリテ

【サステナビリティ意識調査】(6)課題への取り組みにプレミアムを支払うのは20%

 エシカル(倫理的)消費の意識について、ESG投資意識と同じサステナビリティ課題10項目(①環境負荷、②水、③森林、④生物多様性、⑤人権、⑥労働環境、⑦地域貢献、⑧税の透明性、⑨組織の多様性、⑩ガバナンス)で、課題解決に取り組んだり、努力したりする企業の商品・サービスを購入したいかどうか尋ねた。選択肢は価格との関係から5つを設けた。

 選択肢のうち、「①値段に関係なく買う」「②1

【サステナビリティ意識調査】(4)投資リターンよりESGを優先する人は全体の17%

 環境・社会・企業統治の課題への取り組みを重視する「ESG投資」に関する個人の意識を探るため、リターン(利益)との関係から5つの選択肢で尋ねた。集計にあたり、選択肢の「①リターンに関わらず是非投資したい」「②多少リターンが見劣りしても投資したい」を選んだ人を、リターンよりESGを優先する「ESG投資選好群」と分類した。

 また、選択肢の「③他の銘柄とリターンが同じくらいなら投資したい」

【サステナビリティ意識調査】(3)ESG投資の認知度低く、判断する情報不十分

 環境・社会・企業統治の課題への取り組みを重視する「ESG投資」について尋ねたところ「すでにしている人」は全体の3.1%にとどまった。「聞いたことがある」と答えた人(14.6%)も含めても17.7%となり、個人へのESG投資の認知があまり進んでいないことが明らかになった。

chart3

          (注)本連載で使用する図表はレポートから抜粋しており、図表番号もそのまま転載する

 一方、ES