【RI特約記事】SEC、グリーンウォッシングに対処する新たなESG開示規則案を公表

RI_logo

 本稿は、レスポンシブル・インベスター(RI)の掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 米証券取引委員会(SEC)は「グリーンウォッシング」に対処するため、投資アドバイザーやファンドマネジャーに情報開示を義務づける新たな規則の導入に向け一歩踏み出したと、RIの提携誌『Regulatory Compliance Watch』が5月25日付で伝えている。

 投資

【RI特約記事】PRIが金属・鉱業、再エネ関連40社に人権エンゲージメントを開始

RI_logo

 本稿は、レスポンシブル・インベスター(RI)の掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 責任投資原則(PRI)は、人権に関する新たなスチュワードシップ・イニシアチブの一環として、エンゲージメント対象とする企業40社を明らかにした。

 そのリストには世界最大の金属・鉱業企業数社のほか、再生可能エネルギーの有力企業も含まれている。具体的には金属

【RI特約記事】ウクライナ侵攻で大規模な現代奴隷が発生する恐れ、投資家が警告

RI_logo

 本稿は、レスポンシブル・インベスター(RI)の掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 ロシアのウクライナ侵攻を機に、今後欧州のサプライチェーン全体で大規模な現代奴隷が発生する恐れがあることを投資家は覚悟しておくべきだろう―こう警告するのは、投資顧問会社ラスボーンズでスチュワードシップ・ディレクターを務めるマット・クロスマン(Matt Crossman)氏である。

【RI特約記事】CO2回収や企業のロビー活動に批判も IPCC報告書への市場の反応

RI_logo

 本稿は、レスポンシブル・インベスター(RI)の掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が4月4日に発表した気候変動緩和に関する報告書について市場関係者は歓迎する姿勢を示す一方、二酸化炭素(CO2)回収を重視した点は批判している。IPCCは、思い切った対策を講じれば2030年までに世界の気温上昇を1.5

【RI特約記事】IFRS財団とGRIが開示フレームワークで連携

RI_logo

 本稿は、レスポンシブル・インベスター(RI)の掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 国際会計基準の策定を担うIFRS財団とグローバル・レポーティング・イニシアチブ(GRI)はそれぞれの基準審議委員会の活動を擦り合わせることで企業の報告作業の負担を減らし、サステナビリティ関連情報の開示フレームワークの協調に向けて取り組むことを決めた。

 3月24日に公表さ

【RI特約記事】欧州銀行業界、ESG格付け会社の透明性欠如と人材不足を批判

RI_logo

 本稿は、レスポンシブル・インベスター(RI)の掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 欧州の銀行業界団体は公開書簡で、格付け会社が用いる独自の格付け方法は透明性に欠けると批判し、格付け会社の「人材不足」についても問題視するなど、ESG格付けやデータプロバイダーに対して強気の姿勢を示した。

 EUの銀行業界のロビー団体である「欧州銀行連盟(EBF)

【RI特約記事】英スチュワードシップ・コード、署名申請の4分の1が却下される

RI_logo

 本稿は、レスポンシブル・インベスター(RI)の掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 英国の財務開示規制当局である財務報告評議会(FRC)は英国スチュワードシップ・コードへの署名申請をめぐる直近の審査で、新規申請の4分の1を却下する一方、過去6ヵ月間で多くの報告書の質は改善したと述べた。

 英国スチュワードシップ・コードは

【RI特約記事】ドイツ銀行、融資先企業のスコープ1と2の排出量を公表

RI_logo

 本稿は、レスポンシブル・インベスター(RI)の掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 ドイツ銀行は融資先企業のスコープ1および2の二酸化炭素排出量を初めて公表し、融資先企業のうちわずか1%がポートフォリオ全体の排出量の70%を占めていることを明らかにした。

 ドイツ銀行は金融向け炭素会計パートナーシップ(PCAF)が策定した会計報告基準を採用し

【RI特約記事】米国より欧州の運用会社の方が役員報酬に厳しい姿勢 NGO調査

RI_logo

 本稿は、レスポンシブル・インベスター(RI)の掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 米NGO「As You Sow」は新たに公表した報告書「The 100 Most Overpaid CEOs: Are Fund Managers Asleep at the Wheel?」で、2021年に提出された役員報酬提案の投票行動に関する調査結果を明らかにしている

【RI特約記事】「ダブルマテリアリティ」を重視する欧州初の信用格付け会社誕生

RI_logo

 本稿は、レスポンシブル・インベスター(RI)の掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 フランスの信用格付け会社でESGデータも提供するキバリオ(Qivalio)はスペインの格付け会社アクセソー・レーティング(Axesor Rating)を買収し、欧州で初めて「ダブルマテリアリティ」の評価を強みとする格付け会社を発足させると発表した。

 両社は今後「エティフ