【RI特約記事】原子力と天然ガスはグリーン:欧州委改定案への市場の反応

RI_logo

 本稿は、レスポンシブル・インベスター(RI)の掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 欧州委員会は先に発表した声明で、原子力と一部の天然ガスに関する活動をEUタクソノミーの枠組みにおける「グリーン」な事業活動に分類し、それに伴い情報開示の要件も改正することを改めて確認した。RIの取材に応じた業界関係者は

【RI特約記事】英鉄道年金、議決権行使方針で従業員の取締役選任支持の可能性

RI_logo

 本稿は、レスポンシブル・インベスター(RI)の掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 英国鉄道年金の運用部門であるレイルペン(Railpen)(総運用資産額350億ポンド)は、来年投資先企業が取締役に従業員を指名した場合、それを支持する考えがあることを明らかにした。

 レイルペンは今年

【RI特約記事】国連SDGインパクトのディレクター、SDGsウォッシュが「大きな課題」

RI_logo

 本稿は、レスポンシブル・インベスター(RI)の掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 国連開発計画(UNDP)の「SDGインパクト」は、持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けた民間資金の流れの拡大を進めている。ディレクターであるファビエン・ミショー(Fabienne Michaux)氏は、投資業界においてSDGsウォッシュが「大きな課題」となっていると語った

【RI特約記事】 信用格付け会社、気候変動の国別目標を今すぐ反映しないと発言

RI_logo

 本稿は、レスポンシブル・インベスター(RI)の掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 大手格付け会社のフィッチとムーディーズは、世界各国が示した温室効果ガスの国別排出削減目標(NDC)はソブリン債の格付けに今すぐに影響を与えるものではないとの見解を示した。

 一方、スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)の元主席ソブリン債格付け担当者であるモリッツ

【RI特約記事】EurosifとPRI、原子力と天然ガスをEUタクソノミーに含めることに警告

RI_logo

 本稿は、レスポンシブル・インベスター(RI)の掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 サステナブル投資を推進する投資家フォーラム「Eurosif」は11月24日、EUタクソノミーにおいて、天然ガスと原子力がグリーンまたは再生可能エネルギーへの移行に寄与する事業と認められれば、投資家にとって透明性が低下することになり、EUの「サステナブルファイナンス開示規則

【RI特約記事】役員報酬算定にESG評価を反映する企業は増加、株主の賛成は減退

RI_logo

 本稿は、レスポンシブル・インベスター(RI)の掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 大手会計事務所PwCの調査によると、FTSE100種指数の構成銘柄のうち半数を超える企業がESG指標による評価を役員報酬に反映させている一方で、役員報酬の会社提出議案に対する株主の賛成が得にくくなっている現状が明らかになった。

 PwCの調査では

【RI特約記事】COP26の主な成果は、各国の政策の加速、GFANZ、メタン…

RI_logo

 

 本稿は、レスポンシブル・インベスター(RI)の掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)が閉幕した11月13日、アロック・シャルマ(Alok Sharma)議長が涙ながらに声を詰まらせる映像が流れた。

 成果文書「グラスゴー気候協定」に盛り込まれた石炭使用の「段階的な廃止」という表現が土壇場で

【RI特約記事】アクサIM、気候変動対策やネットゼロに前進しない企業から投資撤退も

RI_logo

 本稿は、レスポンシブル・インベスター(RI)の掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 アクサ・インベストメント・マネージャーズ(アクサ IM)は来年以降、気候に多大な影響を及ぼしている企業に対する投資およびエンゲージメントのアプローチを気候対策の進捗度に応じて変えるほか、対応が遅れている企業からのダイベストメントも視野に入れる。

 フランスの資産運用大手ア

【RI特約記事】WBA、排出量の多い企業は「公正な移行」への行動を欠くと批判

RI_logo

 本稿は、レスポンシブル・インベスター(RI)の掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 国際NGO「World Benchmarking Alliance (WBA)」は11月1日に発表した評価報告書で、「温室効果ガス排出量の多い企業は、自社の低炭素戦略が社会に及ぼす影響を特定し、それに備え、軽減するための行動をおしなべて著しく欠いている」と指摘した。

 W

【RI特約記事】 投資家は健康的で持続可能な食品販売の開示義務化の働き掛けを

RI_logo

 本稿は、レスポンシブル・インベスター(RI)の掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 英国の慈善団体「Food Foundation」は投資家が食品業界に対して集団的エンゲージメントを行い、英政府は健康で持続可能な食品販売に関する情報開示を義務づけるよう働き掛けている。

 英国の食品業界の政策および業務慣行をめぐる問題に取り組む同団体は、英国で食品小売り