【RI特約記事】SEC、グリーンウォッシングに対処する新たなESG開示規則案を公表

RI_logo

 本稿は、レスポンシブル・インベスター(RI)の掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 米証券取引委員会(SEC)は「グリーンウォッシング」に対処するため、投資アドバイザーやファンドマネジャーに情報開示を義務づける新たな規則の導入に向け一歩踏み出したと、RIの提携誌『Regulatory Compliance Watch』が5月25日付で伝えている。

 投資

【RI特約記事】PRIが金属・鉱業、再エネ関連40社に人権エンゲージメントを開始

RI_logo

 本稿は、レスポンシブル・インベスター(RI)の掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 責任投資原則(PRI)は、人権に関する新たなスチュワードシップ・イニシアチブの一環として、エンゲージメント対象とする企業40社を明らかにした。

 そのリストには世界最大の金属・鉱業企業数社のほか、再生可能エネルギーの有力企業も含まれている。具体的には金属

森林関連の株主提案の可決事例も CDP森林レポート2021日本版公開

  QUICK リサーチ本部ESG研究所は英非政府組織(NGO)であるCDPのパートナーとして2021年の「フォレスト(森林)レポート日本版」を執筆した。CDPは「フォレスト」のほか「気候変動」「水セキュリティ」についても世界の企業に調査した結果を毎年レポートにまとめている。2021年の日本版のレポートは、今年1月の「簡易版」に続き、4月に「完全版」が公開された。

 今回公開された完全版では

【RI特約記事】CO2回収や企業のロビー活動に批判も IPCC報告書への市場の反応

RI_logo

 本稿は、レスポンシブル・インベスター(RI)の掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が4月4日に発表した気候変動緩和に関する報告書について市場関係者は歓迎する姿勢を示す一方、二酸化炭素(CO2)回収を重視した点は批判している。IPCCは、思い切った対策を講じれば2030年までに世界の気温上昇を1.5

【RI特約記事】IFRS財団とGRIが開示フレームワークで連携

RI_logo

 本稿は、レスポンシブル・インベスター(RI)の掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 国際会計基準の策定を担うIFRS財団とグローバル・レポーティング・イニシアチブ(GRI)はそれぞれの基準審議委員会の活動を擦り合わせることで企業の報告作業の負担を減らし、サステナビリティ関連情報の開示フレームワークの協調に向けて取り組むことを決めた。

 3月24日に公表さ

【RI特約記事】NZAOA「脱炭素目標は実体経済の進捗と整合性をとるべき」と発表

RI_logo

 本稿は、レスポンシブル・インベスター(RI)の掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 国際イニシアチブ「ネットゼロ・アセットオーナーズ・アライアンス(NZAOA)」は、加盟メンバーが脱炭素目標を達成できるか否かは「各国の政府や政策立案者のほか、世界中の企業を含む全体的な行動」によるところが大きいとして、加盟メンバーが進める「科学的知見に基づく目標達成の行程に

【CDPフォレストレポート2021】Aリストは花王と不二製油 QUICK執筆の簡易版公開

 英非政府組織(NGO)であるCDPは「気候変動」「水セキュリティ(水資源保護)」「フォレスト(森林保全)」の3分野について世界の企業の環境に関する開示や取り組みを調査して評価したレポートを毎年公開している。QUICK リサーチ本部ESG研究所はCDPのパートナーとして「フォレストレポート日本版」の執筆を担当しており、2022年1月に「2021年のダイジェスト(簡易)版」CDPから公開された。

【RI特約記事】国連SDGインパクトのディレクター、SDGsウォッシュが「大きな課題」

RI_logo

 本稿は、レスポンシブル・インベスター(RI)の掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 国連開発計画(UNDP)の「SDGインパクト」は、持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けた民間資金の流れの拡大を進めている。ディレクターであるファビエン・ミショー(Fabienne Michaux)氏は、投資業界においてSDGsウォッシュが「大きな課題」となっていると語った

【RI特約記事】COP26の主な成果は、各国の政策の加速、GFANZ、メタン…

RI_logo

 

 本稿は、レスポンシブル・インベスター(RI)の掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)が閉幕した11月13日、アロック・シャルマ(Alok Sharma)議長が涙ながらに声を詰まらせる映像が流れた。

 成果文書「グラスゴー気候協定」に盛り込まれた石炭使用の「段階的な廃止」という表現が土壇場で