【RI特約記事】米物流大手XPOの株主総会で従業員が性差別とセクハラを問題提起

画像

 

本稿は、レスポンシブル・インベスターの掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 世界的な物流大手のXPOロジスティクスは、米国と欧州で、国際運輸労連(ITF: International Transport Workers’ Union)の支援を受けた複数の従業員から性差別とセクシャルハラスメントに関する問題提起を受けている。同社の従業員は

ノルウェー中央銀行の投資管理部門(NBIM)、韓国アパレル企業Hansae Yes24 Holdings Co Ltdとその子会社を注視することを決定

本稿は、レスポンシブル・インベスターの掲載記事と、ノルジェス・バンク・インベストメント・マネジメント(Norges Bank Investment Management:NBIM)の公表資料を、QUICK ESG研究所が翻訳および編集したものです。

 ノルウェー中央銀行の投資管理部門ノルジェス・バンク・インベストメント・マネジメント(以下、NBIM)は、6月29日、韓国のアパレル企業Hansae