ミレニアル世代を対象とした意識調査に注目が集まっている。

 ミレニアル世代とは1980年代から2000年初頭までに生まれ、2000年代に成人あるいは社会人になる、現在18歳から35歳くらいまでの人たちを指す。ミレニアル世代は、インターネットが普及し、急速にグローバル化が進んだ世界で育った世代であり、価値観や考え方、行動パターンがそれまでの世代とは異なる。また米国ではミレニアル世代の人口は約9,200万人、第二次世界大戦後から1960年代半ばにかけて生まれたベビーブーマー世代やそれに続くジェネレーションXを世代間人口構成比で超え、労働人口に占める割合が増加しているため、多くの業界がこの世代の消費行動に注目している。[1]

 ミレニアル世代の社会的課題に対する考え方が特徴的であることが複数の意識調査により明らかになった。

 世界経済フォーラム(WEF)は世界186か国のミレニアル世代、約31,000人に対して政治経済やキャリア形成に関する意識調査(Global Shapers Survey 2017)を行った。2017年8月27日に公表された調査結果によると、「世界に大きな影響を及ぼす深刻な問題」として最も回答が多かったのは、昨年同様、「気候変動」で48.8%であった。気候変動に続いて、大規模な紛争・戦争と不平等への関心が高く、それぞれ2位(38.9%)と3位(30.8%)となった。また、「気候変動は人為的な要因によると科学的に証明されている」ことに91%が「どちらかというと同意(Somewhat agree)」もしくは「強く同意(Strongly agree)」と答えた(図1)。

図1

図1:「世界に大きな影響を及ぼす深刻な問題」と「気候変動は人為的な要因によると科学的に証明されている」と考える比率
出所:Global Shapers Survey 2017, World Economic Forum


 モルガン・スタンレーは米国の個人投資家1,000人を対象に、2015年に引き続きサステナブル投資に関する意識を調査し、年代別に検証した(Sustainable Signals)。8月9日に公表されたレポートでは、この2年間で特にミレニアル世代において、サステナブル投資に対する関心が高まっていることが明らかとなった。今回の調査でサステナブル投資に関心があると答えた人は、全年代で75%(前回:71%)に対してミレニアル世代では86%(前回:84%)であった。前回調査との比較で特徴的な変化としては、ミレニアル世代でサステナブル投資に「関心が強い(Very Interested)」と答えた人の割合が28%から38%に増加したことが挙げられる(図2)。またミレニアル世代はその他の世代に比べ、環境や社会的課題に取り組む企業への投資意欲が倍近く高く、確定拠出年金(401K)にサステナビリティ関連投資商品を設定してほしいと考える人の割合も、全世代では約7割であるのに対して、この世代では9割であった。

図2

図2:サステナブル投資に「どちらかというと関心がある」または「関心が強い」と回答した世代別の割合
出所:Sustainable Signals,Morgan Stanley, 2017


 イギリスのオックスフォード大学は、イギリスを中心に、西ヨーロッパやアメリカ東海岸に暮らす超富裕層(Ultra High-Net-Worth Individuals、UHNWIs)のサステナブル投資活動を調査した(UHNWIs, Private Banks, and Sustainable Finance Working Paper)。2016年、世界には3,000万ドル(約33億円)以上の投資可能資産を所有する超富裕層とよばれる人口は212,615人、合計総資産は30兆ドル(3,300兆円)でOECD加盟国における年金基金の運用総額の合計26兆ドル(約2,860兆円)を上回る。オックスフォード大学による調査では、調査対象となった超富裕層の資産家のうち、50代以下はサステナブル投資に対して積極的な姿勢を示した一方、60代以上では消極的な意見が多かった。ある高齢の資産家へのインタビューでは、「我が家での資産運用の会話は、まるで小さな紛争のようだ。若い世代(ミレニアル世代)は社会的かつ慈善的な投資を望み、私自身や私たち世代は従来型の銀行が進める商品への投資を望む。現状、サステナブル投資の割合は少ない。子供たちが我が家のポートフォリオに不満を示していることに驚いている」と語った。

 現状、この世代間ギャップは、サステナブル投資の大きな障害となっている。しかし、今後数年間で、女性や若い世代への継承によりそのギャップが緩和され、サステナブル投資にとって大きな波が起きることが想定されている。


【関連資料】
[1] Millennials coming of age
Global Shapers Survey 2017
Millennials Drive Growth in Sustainable Investing, Morgan Stanley

QUICK ESG研究所 鈴木敦史、小松奈緒美