california

 米国から遠く離れた日本からは米国の地域の特色はわかりにくいかもしれない。東海岸・中西部・南部・西海岸と大きく分けると全く異国のように思うことが多い。全米人口の12%の住む西海岸のカリフォルニア州は西部劇のカウボーイに代表される開拓心、独立心、開放感に長けたリベラルな州といわれている。そして、面積でもアラスカ、テキサスに次いで3番目に広い。代表的な都市のハリウッドやシリコンバレーのイメージに反して、カリフォルニア州は全米トップの農業生産州であり、果物・野菜・ナッツ・ワインや乳製品を中心に全米の農業収入の12%を占め2013年の収入総額は464億ドルにのぼる[1]。

 リベラルなカリフォルニアを象徴する州法(AB32)が2006年に前カリフォルニア州知事で俳優のアーノルド政権下で成立している。州法(AB32)は2050年までに1990年比で8割減の温室効果ガス排出量を達成するという全米で初の画期的な目標を立てた。2012年には全米でもいち早くキャップ・アンド・トレード・システムを取り入れ、産業別に温室効果ガス排出量の上限を定めた。排出量はカリフォルニア州環境保護局空気資源理事会が入札制度を使って民間企業に給付している、2013年から毎年上限が3%削減され環境に配慮しつつ事業を維持するため技術革新に拍車がかかるという構想である。これを背景に、シリコンバレーではクリーンテック関連の事業が主流となり、ステータスシンボルとして従来の大型車やスポーツカーでななくハイブリッドのプリウスや電気自動車のテスラをに乗るベンチャー起業家が目立つ。

 現カリフォルニア州知事のジェリー・ブラウン州知事は、先月2つの州知事命令を下し、2015年4月1日には州全体で25%水の使用量の削減、4月29日には温室効果ガス排出量を1990年比で4割減を2030年までに達成することを義務付けた[2]。2006年の州法(AB32)の目標に拍車をかける命令であり、改善措置を後回しにしようとする官民組織への対抗措置と見られる。地球の気温を平均摂氏2度下げるためには、このような積極的な温室効果ガス排出量の削減が必要とされている。

 現実にはカリフォルニア住民にとって水の削減令の方が日々の生活にはインパクトが強い。年間を通じて雨の降る日本(年間平均雨量1718mm)と違い、カリフォルニアは春夏の乾期と秋冬の雨期に気候があり、年間平均雨量も全米でも40位の563mmと少ない[3]。2015年は4年連続の干ばつにより農業用水の貯水池も干上がっている。米航空宇宙局(NASA)はカリフォルニアの干ばつを解消するために、11兆ガロン(42兆リットル)の降雨が必要という[4]。

 一方でカリフォルニアの一次産業(農業・林業・畜産)に関して、オバマ政権も4月には2025年までに温室効果ガス排出量を年間2%ずつ削減する政策として、農業・林業を対象にした施策とメタンガスの温室効果ガス排出量に及ぼす悪影響が問題となっている畜産排泄物や食糧廃棄物を使ったバイオガス発電の優遇策などを発表した。(USDA’s Building Blocks for Climate Smart Agriculture & Forestry – Fact Sheet

 官民共同事業では2000エーカーにわたる植林にディズニー社が出資をしている[5]。カリフォルニアのメンドシーノ、サンディエゴ、ロサンゼルス近郊の植林を強調している。近年山火事の被害に遭った地元へのアピールと見られる。温室効果ガス排出許可証の購入・取引情報は未公開のため、はっきりと因果関係は把握できないが、民間企業が積極的に環境投資をするには、キャップ・アンド・トレードも影響しているに違いない。


[1] http://www.ers.usda.gov/data-products/farm-income-and-wealth-statistics/annual-cash-receipts-by-commodity.aspx#P96f7ad12bdef43a99f91e40a9e7cdfbe_2_16iT0R0x5

[2] http://gov.ca.gov/news.php?id=18910 , http://gov.ca.gov/news.php?id=18938

[3] http://www.currentresults.com/Weather/US/average-annual-state-precipitation.php

[4] http://damnet.or.jp/cgi-bin/binranB/TPage.cgi?id=28 , http://www.cnn.com/2014/12/18/us/california-rains-and-drought/

[5] http://thewaltdisneycompany.com/disney-news/press-releases/2012/04/walt-disney-company-makes-6-million-commitment-protect-forests

QUICK ESG研究所 Mari Kawawa