【国際】不動産業界のサステナビリティは大きく前進。GRESB最新レポート

不動産業界のサステナビリティ評価に関するグローバルベンチマークのGRESBが、2015年の最新データ、レポートを公表しています。世界の不動産会社およびプライベートエクイティ不動産投資ファンド707社に対する調査に基づく同レポートによると、世界の不動産業界は温室効果ガス削減や水使用量削減、再生可能エネルギーの創出などESGのあらゆる側面において取り組みが前進していることが明らかになりました。

この記事は会員限定です。続きをご覧になりたい場合は会員登録をお願いします。
※一部の記事は有料となります。