tree_climatechange
RI_logo

 本稿は、レスポンシブル・インベスター(RI)の掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 国際NGO「World Benchmarking Alliance (WBA)」は11月1日に発表した評価報告書で、「温室効果ガス排出量の多い企業は、自社の低炭素戦略が社会に及ぼす影響を特定し、それに備え、軽減するための行動をおしなべて著しく欠いている」と指摘した。

 WBAは世界で最も大きな影響力を持つ電力、石油・ガスおよび自動車セクターの企業180社を対象に「公正な移行」に関する評価を行った。今回は、低炭素化している未来への移行に向けた各企業の社会的取り組みに焦点が当てられた。具体的には、WBAのコア・ソーシャル・インディケーター(CSIs)と新たに作成されたジャスト・トランジション・インディケーター(JTIs)に基づいて各企業の開示情報を評価した。

 報告書は、「排出量の多い企業の大多数は、公正な移行に向けた取り組みを明示していない」と指摘している。

 総合評価スコアの低い企業としてエクソンモービル、サウジアラムコ、オーステッド、テスラ、マツダ、スズキ、ホンダなどが挙げられる。RIはこれら企業にコメントを求めたが、本記事の発行時点で回答を寄せたのはホンダのみである。同社の広報担当者は2021年グローバル版サステナビリティレポートの「人材」の項に(同社の取り組みを)示していると応じた。

 WBAは2018年に英保険会社アビバ、国連財団、オランダのNGO「Index Initiative」が中心となって設立され、SDGs関連の企業ベンチマークの作成を委託されている。

 今回の発表は第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)の2日目が幕を開けるタイミングに合わせたもので、「世界各国の政府が政治的交渉や将来の協定締結を行う際に、全ての国にとって公平で公正な移行の実現に注力するよう」促す意図があると報告書は記している。

 WBAの気候・エネルギーベンチマークのリサーチを統括するシャーロット・ハグマン(Charlotte Hugman)氏は、評価対象となった企業の大半は公正な移行に向けた取り組みが不十分であるとしつつ、「公益事業セクターを中心に、一部の企業がリーダー役を担うようになっている」と指摘している。

 だが、自らの影響力を総合的に行使して人々の保護、社会的影響の抑制、公正な移行の提唱を実践している企業は今のところ皆無である。

 批判の矛先は取り残された労働者の問題にも向けられている。低炭素社会への移行によって行き場を失った労働者の技能の再教育や向上に取り組むことを公言している企業は評価対象企業のうち23%にとどまっている。報告書は「多くの人が取り残されるリスクは高く、サプライチェーンやエネルギーへのアクセスにも重大な影響を及ぼしかねない」と警告している。

 ハグマン氏はRIに対して、WBAは投資家が「Just Transition Methodology(公正な移行への方法論)」に盛り込まれた質問に沿って企業へのエンゲージメントを行い、企業に包括的な計画の策定を促すよう働きかけていると説明し、「金融機関は、移行に関する低炭素および社会的側面への総合的な対策を自社の方針や意思決定に盛り込むことで、公正な移行の実現に向けて重要な役割を担うことができる」と述べている。

 投資家グループが、問題解決への取り組みを始める動きもいくつかみられる。RIは先週の記事で、リーガル&ジェネラル、アビバ・インベスターズ、HSBC、バークレイズなどが参加する投資家グループが英国政府に「公正な移行」の定義と優先課題を定め、現時点で高炭素セクターへの依存度が高い労働者やコミュニティに恩恵をもたらす分野への投資喚起を図るよう促したことを伝えた。

 カナダでは、企業に「ネットゼロ社会への公正な移行を促す」ための集団的エンゲージメントの推進を目的とする投資家グループ「Climate Engagement Canada」が発足した。

 そのグローバル版ともいえる「Climate Action 100+」も先月、この問題をめぐる企業の対応の仕方とその成果について精査を始めることを明らかにした。

 昨年には、フランス政府が支援する機関投資家団体「Finance for Tomorrow」が公正な移行のための集団エンゲージメントイニシアチブ(運用資産総額3.6兆ユーロ)を立ち上げた。

 WBAは2022年以降、公正な移行に関する評価を気候・エネルギーベンチマークに組み入れる。具体的には、パリ協定と国連の持続可能な開発目標(SDGs)の13(気候変動に具体的な対策を)に基づいて、排出量が最も多い企業の目標達成状況を評価する。


RI_logo

【参照】
Responsible Investor, Gina Gambetta「High-emitting companies 'failing' on Just Transition action, says World Benchmarking Alliance」2021年11月1日(2021年11月8日情報取得)


QUICK ESG研究所