forest
RI_logo

 本稿は、レスポンシブル・インベスターの掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 10月13日、米消費財メーカー大手のプロクター&ギャンブル(P&G)の株主総会で、ボストンを拠点とするGreen Century Equity Fundsが提出した議案への投票が行われた。同議案は、P&Gのサプライチェーンにおける森林伐採への対応について情報開示を求めるものである。結果、3分の2の賛成率を達成した*1。

 Green Century Equity Funds(以下、Green Century)は、同社の2020年森林伐採ゼロ目標(2020年までパーム・サプライチェーンにおける森林伐採ゼロを確保)の達成を「疑問視する」としたメディアの報道に加え、貴重な二酸化炭素吸収源である森林からのパルプの調達に対するNGO115団体のキャンペーンも懸念している。

 自然資源防衛協議会(NRDC:Natural Resources Defense Council)によると、対象となる森林にはP&Gがトイレットペーパーやティッシュ製品の原料を調達しているカナダの寒帯林も含まれている。

 森林伐採は気候変動だけでなく、先住民の権利侵害を引き起こしており、批判的な報道が目立つ。NRDCの報告書「The Issue with Tissue」がその内容を取り上げている。

 Green Centuryによると、P&Gは年次報告書(10-K)で、自社製品による環境への悪影響が風評被害をもたらすため、リスク要因の一つとして挙げている。リスク分析を手掛けるコンサルタント会社Chain Reaction Researchの試算によると、風評被害の総額は同社の株主資本の14%に当たる410億ドルに相当する可能性があり、「環境問題の解決策のコストをはるかに上回る」とみられる。

 またGreen Centuryによると、森林保護に取り組む企業ランキング「Forest 500」や国際NGOのCDPのランキングでP&Gは同業他社に遅れを取っている。さらに、森林リスク評価ツール「Soft Commodity Risk Platform」も同社を「高リスク」と判断している。

 Green Centuryは、同社の森林伐採ゼロ目標達成に向けた取り組みにも遅れが見られるとしている。同社が調達するパーム油のうち、「持続可能なパーム油のための円卓会議(RSPO)」の認証を受けているのは全体の3分の1にとどまることを指摘した。

 また同社が、世界最大のパーム核油サプライヤーからの購入を続けており、それらのパーム油が2016年を最後にRSPOの認証を受けていない点についても批判している。

 「加えてP&Gは、森林伐採と森林劣化のリスクを低減するための包括的な計画の策定に組織を挙げて取り組んでいない。同社の現行の調達方針は、カナダの寒帯林をはじめとする重要な生態系からの原料調達を認めている」とも述べている。

 P&Gの取締役会は、今回の株主提案に反対票を投じるよう株主に働きかけた。そして、自らは商業用の森林を保有または管理していないが、自社の調達・製造業務を通じて森林が果たす重要な役割を認識していると説明している。また、サプライチェーンにおける責任ある調達および慣行の実現に向けて常に取り組んでいるとしている。

 また、「P&Gはステークホルダーに対して、パルプおよびパーム油のサプライチェーンの管理方針、業務慣行のさらなる改善と環境への悪影響削減に向けた取り組みと目標、それらの目標の達成状況と成長機会について既に十分な情報開示を行っている。今回の株主提案は、当社の情報開示または取り組みの進捗に何ら影響を与えない」とした。

 Green Centuryは今年、Aramak、Tyson Foods、Archer Daniels MidlandおよびBloomin’ Brandsに対しても同様の株主議案を提出する計画だったが、これらの企業が森林伐採の問題により積極的に取り組む姿勢を示したことを受けて議案を撤回した。

 P&Gで2番目に大きな株主であるBlackRockは、株主議案に賛成票を投じた投資家の1人だった。*1

*1 Financial Times, “Investor rebellion at Procter & Gamble over environmental concerns”(2020/10/14)

https://www.ft.com/content/1dd92502-e95b-4c21-be1c-c18a598acf1a


RI_logo

【参照】
Responsible Investor, Carlos Tornero「Procter & Gamble faces green shareholder proposal for ‘lagging’ behind no-deforestation commitments」2020年9月4日(2020年10月16日情報取得)

【関連記事】
QUICK ESG研究所「【RI特約記事】2020年株主総会のESG関連議案をめぐる最新動向:ブラックロックの動きは前向きなシグナル?エクソンモービルとシェブロンの議案で異なる対応」(2020年6月30日)https://www.esg.quick.co.jp/research/1121


QUICK ESG研究所