checkbox
RI_logo

 本稿は、レスポンシブル・インベスターの掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 7月17日、EU公式の気候ベンチマークに関する委任法令の最終案が欧州委員会で提出された。気候ベンチマークの構成銘柄から、化石燃料、タバコ、問題性のある兵器の製造と販売に関与する企業および国連グローバル・コンパクト等の国際規範に違反する企業を除外することを決めた。

 欧州委員会は、2018年3月8日に「アクションプラン:持続可能な成長に向けた金融」を公表し、サステナブルファイナンスの実現に向けた10項目からなる行動計画を打ち出した。

 このうちの一つに、EU公式の気候ベンチマークの策定がある。これは、サステナブルを表明するインデックス構成銘柄の選定基準が一致しておらず、「グリーンウォッシュ(Greenwashing)」のリスクが高まり、サステナブルな資産への投資が阻害されてしまうことから、各企業がインデックスを開発・運営するにあたり考慮すべき基本的な要件を定めることを目的としている。

 欧州委員会は2018年5月にベンチマークに関するEU規則2016/1011の改正法案を提出。また、サステナブル金融に関するテクニカル専門家グループ(Technical Expert Group on Sustainable Finance: TEG)は、2019年6月にベンチマークに関する中間報告書を、2019年9月には最終報告書を公表した。

 そして7月17日、ベンチマークに関する委任法令の最終案が欧州委員会で提出された。欧州議会または欧州理事会は、2か月以内に委任法令に対する異議を申し立てることができる。異議申し立てがなかった場合は、欧州連合官報に掲載され、20日後に発効する。 

 EU公式の気候ベンチマークは、「気候移行ベンチマーク(CTB:Climate Transition Benchmark)」と「パリ協定整合ベンチマーク(PAB:Paris-Aligned Benchmark)」の2種類からなる。

 いずれのベンチマークにおいても、社会に悪影響をもたらす企業は除外対象となる。具体的には、タバコの栽培・生産に関与している企業、問題性のある兵器の製造・販売に関与している企業、国連グローバル・コンパクトやOECD多国籍企業行動指針等の国際規範に違反する企業が該当する。

 PABはCTBよりも野心的で、ベンチマークの構成銘柄から、石炭(収入1%以上)・石油(収入10%以上)・ガス(収入50%以上)の開発・加工企業や、二酸化炭素排出量原単位が100g CO2 e/kWhを超える電力企業(収入50%以上)を除外する。

 委任法令では、EU公式の気候ベンチマークの導入に加えて、EU域内で提供されるインデックス全てに適用する情報開示基準も定めている。

 インデックスの運営機関に対し、金融商品のESG評価をどのように行っているか等について情報開示を求める規定は、「独占状態」を招きかねない懸念から批判の的となっている。開示が義務づけられた場合、さらなる報告負担に耐えられるのはESGデータ会社を傘下に持つ大手のESGベンチマーク運営機関に限られるからだ。

 一般的に、気候ベンチマークの開発と基準の情報開示を同時に行えば、欧州委員会が気候ベンチマークの基準策定に向けた提言を行うよう指名したアドバイザーグループ内での利益相反が露呈しかねない。EUが資金拠出しているシンクタンクのTwo Degrees Investing Initiativeは、提案された基準はワーキンググループ内の一部メンバーの「経済的利益と100%整合するようにみえる」というパブリックコメントを寄せている。

 今回の改訂は欧州連合官報に掲載された20日後に発効される予定だが、欧州の業界団体である欧州金融市場協会(AFME)は発効までの期間が短すぎるとして批判している。

 気候ベンチマークの要件をめぐる議論が始まって以来、気候ベンチマークとの整合性を謳った金融商品が既に数多く開発され、QontigoMSCISolactiveS&PAmundiが実際に商品を市場に投入している。


RI_logo

【参照】
Responsible Investor,  Khalid Azizuddin 「All ‘climate benchmarks’ must exclude tobacco, controversial weapons and Global Compact violators, say European policymakers」2020年7月20日(2020年8月17日情報取得) 

【関連記事】
QUICK ESG研究所「【水口教授のESG通信】欧州サステナブル金融政策の動向-タクソノミーの外側に注目を」2019年9月11日
QUICK ESG研究所「【水口教授のESG通信】EUタクソノミーを考える」2019年9月11日
QUICK ESG研究所「【水口教授のESG通信】サステナブル金融とは何か-欧州委員会アクションプランの意味すること」2018年4月27日
QUICK ESG研究所「【水口教授のESG通信】サステナブル金融への挑戦-EUハイレベル専門家グループの提言」2018年2月28日


QUICK ESG研究所