指数の画像

 2017年7月3日、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、日本株のESG指数を3つ選定し、同指数に連動したパッシブ運用を開始したことを公表した。

 高橋理事長のコメントおよび「ESG指数選定結果について」の詳細がGPIFのホームページに掲載されている。

 高橋理事長は、「今回選定したESG指数の活用が日本企業のESG評価が高まるインセンティブとなり、長期的な企業価値の向上につながるよう期待している」「ESGを重視する海外の長期投資家がこの点に着目すれば、日本株の投資収益が改善する可能性も高まる。インベストメント・チェーンの最適化の恩恵を大きく享受できるのが、ユニバーサル・オーナーであるGPIFであり、年金の被保険者である」 「選定したESG指数に基づくパッシブ運用については、当初は国内株全体の3%程度、約1兆円で運用を開始した。将来的には他のESG指数の活用やアクティブ運用など含めてESG投資を拡大していく。GPIFは今後もESG投資やESGの考え方の普及について、積極的に取り組んでいく」とコメントしている。

「ESG指数選定結果について」の概要は以下の通り。

1.ESG指数公募の目的

① GPIFのようなユニバーサル・オーナーにとって、ネガティブな外部性を最小化することを通じ、ポートフォリオの長期的リターンの最大化を目指すことは合理的であること

② ESGの要素を投資に考慮することで期待されるリスク低減効果については、投資期間が長期であればあるほど、リスク調整後のリターンを改善する効果が期待されること

③ ESG要素を考慮した国内株式のパッシブ運用の実現可能性を探ることを目的に、ESG効果により、中長期的なリスク低減効果や超過収益の獲得が期待されること

2.ESG投資の拡大で期待される効果

① ESG投資の運用資金の拡大は、企業のESG評価向上のインセンティブになり、ESG対応が強化されれば、長期的な企業価値向上につながる

② 日本企業のESG評価向上がESG評価を重視する海外資金の流入につながれば、日本株のパフォーマンス向上が期待される。これらのインベストメント・チェーンの最適化の恩恵を最大限享受できるのが、ユニバーサル・オーナーたるGPIFであり、国民年金・厚生年金の被保険者である

3.ESG指数選定における主な評価ポイント

① ESG評価の高い銘柄を選別する「ポジティブ・スクリーニング」

② 公開情報をもとに企業のESGを評価し、その評価方法や評価結果も開示

③ ESG評価会社および指数会社のガバナンス体制・利益相反管理

の3点を重視した。

4.マネジャー・ストラクチャー上の整理と今後の対応方針

① 今回採用するESG指数に基づく運用は、パッシブ運用に分類する

② 既存の国内株運用からの組み替えも含め、当初は国内株全体の3%程度(1兆円程度)で開始。将来的には国内株式を対象としたESG投資(ESG指数に基づくパッシブ、アクティブ運用等)の更なる拡大を検討

③ 外国株式を対象としたESG投資についても順次審査を行う

5.選定指数の概要

 選定された指数はESG全般を考慮に入れた「総合型」指数2つと、S(社会)のうち女性活躍に着目した「テーマ型」指数1つ、計3つである。E(環境)をテーマとする指数については、継続審査中である。なお、G(ガバナンス)をテーマとする指数は該当なし。

① ESG全般を考慮に入れた「総合型」指数

 ・FTSE Blossom Japan Index:親指数 FTSE JAPAN INDEX(約500銘柄)から151銘柄を抽出

 ・MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数:MSCIジャパンIMIのうち時価総額上位500銘柄から251銘柄を抽出

② S(社会)のうち女性活躍に着目した「テーマ型」指数

 ・MSCI日本株女性活躍指数(愛称:WIN):MSCIジャパンIMIのうち時価総額上位500銘柄から212銘柄を抽出

 

参考:
GPIF「ESG指数を選定しました」(2017.07.03)
http://www.gpif.go.jp/operation/pdf/esg_selection.pdf


QUICK ESG研究所 菅原 晴樹