スウェーデンAP基金の倫理委員会(Council on Ethics, Swedish National Pension Funds)、2016年度版の年次報告書を公表

 スウェーデンの公的年金基金 AP1、AP2、AP3、AP4の代表者から構成される倫理委員会(Council on Ethics, Swedish National Pension Funds)が、2016年度版の年次報告書を公表した。

環境から拓く、経済・社会のイノベーション ~「平成29年版環境白書・循環型社会白書・生物多様性白書」~

2017年6月6日、政府は「平成29年版環境白書・循環型社会白書・生物多様性白書」(環境省)を閣議決定し、公表した。 今年の白書は、「環境から拓く、経済・社会のイノベーション」をテーマとして、持続可能な開発目標(SDGs)やパリ協定を踏まえた国内外の動向とともに、SDGsやパリ協定の目標達成の鍵となる、環境・経済・社会の諸課題の同時解決に向けた日本の方向性や取組み事例等を紹介している。

【GPIF】ESG指数を選定

 2017年7月3日、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、日本株のESG指数を3つ選定し、同指数に連動したパッシブ運用を開始したことを公表した。

 高橋理事長のコメントおよび「ESG指数選定結果について」の詳細がGPIFのホームページに掲載されている。

トランプ米大統領、パリ協定離脱の損得勘定 RI ヨーロッパ 2017

レスポンシブル・インベスターが、6月6日から7日の2日間にわたりロンドンで開催したESGに関するイベント「RI ヨーロッパ 2017」では、トランプ米大統領がイベント直前の6月1日に地球温暖化対策の国際的枠組みである「パリ協定」から離脱表明したことを受け、地球温暖化問題への今後の取り組みや、ESG投資への影響について議論が交わされた。

【厚生労働省】「同一労働同一賃金に関する法整備について」(報告)

 2017年6月9日、労働政策審議会労働条件分科会・職業安定分科会・雇用均等分科会 同一労働同一賃金部会(部会長 守島基博 学習院大学経済学部教授)は、「同一労働同一賃金に関する法整備について」(報告)を取りまとめた。