アジアを代表する環境の総合展示会「エコプロ2019」が「持続可能な社会の実現に向けて」をテーマに2019年12月5日(木)から7日(土)の3日間、東京ビッグサイトで開催されました。
3日間の合計来場者数は147,653人でした。
   
 6日(金)にはセミナー企画として 弊社(株式会社 QUICK)ESG研究所 常務執行役員 ESG研究所主幹 広瀬悦哉  が登壇し、
「気候変動のリスクと機会 ~脱炭素社会のビジネスモデル~ 」をテーマに、来るべき脱炭素社会に向けて企業はどのように対応すべきか、 CDP Worldwide-Japan ジャパンディレクター森澤充世氏と対談を行いました。
 
 また、ESG研究所は、SDGs Expo内にブースを出展し、AIを活用した日次のサステナブル企業評価やESGに関する最新の情報・サービス
をご紹介しました。
 
 
 
ecopro