ビジネスと人権に関する国際的なイニシアチブであるCHRBが2019年版ベンチマークを公表 日本企業18社を含む200社を評価

 2019年11月15日、ビジネスと人権に関する国際的なイニシアチブであるCHRB(Corporate Human Rights Benchmark)が2019年版ベンチマークを発表した。このベンチマークは、日本企業18社を含む200社の人権課題への取り組みを6つの分野(A.ガバナンスと方針、B.尊重の組み入れと人権デューデリジェンス、C.救済措置と苦情処理メカニズム、D.実践:企業の人権活動、E

【RI特約記事】ShareAction調査でCA100+署名投資家の矛盾する行動が露呈 ESGへの表明、必ずしも議決権行使に反映せず

RI_logo

 本稿は、レスポンシブル・インベスターの掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 責任投資を推進する英NGOのShareActionは、気候変動対策を求める投資家イニシアチブClimate Action 100+(CA100+)署名機関が実施した気候変動関連に関する議決権行使がCA100+の原則と一貫性を欠く実態を明らかにした。「Voting Matters: Are

【RI特約記事】GPIFのCIOとCalPERSのCEOが国連主導のGlobal Investors for Sustainable Development に参加 SDGs達成に向けた民間資本の動員を目指す

RI_logo

 本稿は、レスポンシブル・インベスターの掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 国連は、持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けた民間資本の動員を目的とするアライアンスグループに、主要投資家および企業のCEO30人が参加したと発表した。メンバーにはアリアンツ、APG、アビバ、バンク・オブ・アメリカ、カリフォルニア州職員退職年金基金(CalPERS)、シティグループ

【RI特約記事】国際金融公社(IFC)のニール・グレゴリー氏がインパクト投資の運用原則について語る 新原則は「信頼性と整合性のギャップを埋める」役割を担う

RI_logo

 本稿は、レスポンシブル・インベスターの掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 国際金融公社(IFC)のChief Thought Leadership Officerを務めるニール・グレゴリー(Neil Gregory)氏によると、市場は比較可能で整合性のあるインパクト・レポーティングを求めている。このテーマはインパクト投資推進イニチアチブGlobal Impact

【RI特約記事】オランダの投資家主導イニシアチブPlatform Living Wage Financialsが最新報告書を発表 生活賃金支払いをめぐり企業の評価を引き上げ

RI_logo

 本稿は、レスポンシブル・インベスターの掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 オランダの金融セクターが主導するイニシアチブPlatform Living Wage Financials (以下、PLWF)は最新の報告書において、ナイキやバーバリーをはじめとするアパレル・フットウェア業界の生活賃金(living wage)※の支払いをめぐる取り組みが改善したと評価した

【水口教授のESG通信】PRI in Person 2019 参加報告

 2019年9月10日から12日までの3日間、パリに世界のESG投資関係者が集まり、今年もPRI in Personが開催されました。参加者は過去最大の約1700人、日本からも約70人が参加したと言われます。今回は、PRIが最近公表した気候変動に関する「避けられない政策対応」レポートの解説のほか、実際に現代的奴隷の状況にあった人を迎えたセッションなど、盛沢山でした。中でも、多くの登壇者が「新しい資本主義(New Capitalism)」に言及していたのが印象的でした。今年のPRI in Person 2019の参加報告をお届けします。

【RI特約記事】Climate Action 100+が発足以来初の進捗レポートを発表 気候変動に対する企業の更なる取組みを期待

RI_logo

 本稿は、レスポンシブル・インベスターの掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 10月2日、気候変動イニシアチブClimate Action 100+(以下、CA100+)は2017年の発足以来初となる進捗レポート「2019 Progress Report」を発表した。CA100+がエンゲージメントの対象とした

World Gold Council が「責任ある金鉱採掘原則(RGMP)」を発足

 金業界のための市場開発組織であるWorld Gold Councilは9月12日、「責任ある金鉱採掘原則(RGMP: Responsible Gold Mining Principles)」を発足した。消費者、投資家、サプライチェーンの下流に対して、責任ある金鉱採掘の在り方を明確に示す、新たな枠組みである。同組織はバリック・ゴールドをはじめとする世界の大手金鉱山企業の参加メンバーと協力し

【RI特約記事】 パリ開催の「PRI in Person 2019」でフランスがEUアクションプランと欧州グリーン・ニューディールの実施を強く働きかけ

RI_logo

本稿は、レスポンシブル・インベスターの掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 フランスのマクロン大統領は9月10日、パリで開催されたPRI in Personの開会式にビデオ・メッセージをよせ、アマゾン森林火災の消火支援のため、民間にも寄付を呼び掛けた。これは、フランスを含む各国が連携してアマゾン森林火災対応のプロジェクトの一環であり、次回の国連総会でも働きかけを行う

【RI特約記事】投資家は再エネ技術のサプライチェーンが抱えるESGリスクに直面 国際人権NGOビジネスと人権リソースセンター(BHRRC)が「Transition Minerals Tracker」を発表

RI_logo

本稿は、レスポンシブル・インベスターの掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 再生エネルギー技術のサプライチェーン上では、搾取と人権侵害が横行しており、投資家は計り知れないESGリスクに晒されていると、国際人権NGOのビジネスと人権リソースセンター(BHRRC)が発表した。

 BHRRCの調査によると、2010年以降