【RI特約記事】ウクライナ侵攻で大規模な現代奴隷が発生する恐れ、投資家が警告

RI_logo

 本稿は、レスポンシブル・インベスター(RI)の掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 ロシアのウクライナ侵攻を機に、今後欧州のサプライチェーン全体で大規模な現代奴隷が発生する恐れがあることを投資家は覚悟しておくべきだろう―こう警告するのは、投資顧問会社ラスボーンズでスチュワードシップ・ディレクターを務めるマット・クロスマン(Matt Crossman)氏である。

【RI特約記事】国連「投資先企業が人権に及ぼす影響に資産管理銀行も責任」との見解

RI_logo

 本稿は、レスポンシブル・インベスター(RI)の掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)は、「ビジネスと人権に関する指導原則」の下では、銀行は投資先企業について顧客の代理として説明する責任を負っていると明言した。

 国際NGOのバンクトラックとOECDウオッチの要請を受けてOHCHRが導き出した結論は

【RI特約記事】WBA、世界の大手食品企業の大半は人権、温暖化対応が不十分と主張

RI_logo

 本稿は、レスポンシブル・インベスター(RI)の掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 国際NGO「World Benchmarking Alliance (WBA)」が新たに開発した指標を使って世界大手の食品および農業関連企業350社のパフォーマンスを評価したところ、重大な人権問題をどのように認識、評価し、対策を講じているかについて情報開示していない企業が90

【RI特約記事】NGOグループ、EUの「社会タクソノミー」案に支持を表明

RI_logo

 本稿は、レスポンシブル・インベスター(RI)の掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。今回は人権NGO「Business and Human Rights Resource Centre」、英調査機関「EIRIS Foundation」、人権分野の機関投資家イニシアチブ「Investor Alliance for Human Rights」、責任投資を推進する英NGO

【RI特約記事】日本の投資家、企業の人権への取り組みに関する政府調査に強く期待

RI_logo

 本稿は、レスポンシブル・インベスター(RI)の掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 企業を対象にビジネスと人権に関する初の調査を日本政府が実施する計画を、投資家や業界団体は高く評価している。

 調査は経済産業省が外務省と協力して行い、東京証券取引所に上場する約2,600社の大企業・中堅企業と他省庁が必要と判断した企業が対象となる

【RI特約記事】オランダの裁判所が下したシェルへの判決では人権が決定的な根拠に

RI_logo

 本稿は、レスポンシブル・インベスターに掲載された、ハーバード大学ケネディスクールの教授であるジョン・ラギー氏による執筆記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。ラギー教授は国連事務総長特別代表として、2011年に全会一致で承認された「ビジネスと人権に関する指導原則」を策定しました。

 石油メジャーのシェブロン、エクソンおよびシェルが直面した「最悪の1週間

【RI特約記事】中国をめぐる考察:責任ある投資家のエンゲージメント活動の現状 

RI_logo

 本稿は、レスポンシブル・インベスターの掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 60近くの機関投資家が、中国の新疆ウイグル自治区と関わりを持つ可能性のある投資先企業に「重大な人権リスク」への対応を求める方針を明らかにした。

 米国の宗教機関の連合体であるICCR(Interfaith Center on Corporate Responsibility

【RI特約記事】欧州議会の法務委員会が人権・環境デュー・デリジェンス義務化の原案を圧倒的多数で可決

RI_logo

 本稿は、レスポンシブル・インベスターの掲載記事をQUICK ESG研究所が翻訳、編集したものです。

 欧州議会の法務委員会(JURI)は、企業に人権・環境デュー・デリジェンスの義務化を促すEU法の原案を可決した。

 JURIのメンバー議員は、21対1の圧倒的多数で承認した。EU法の原案は企業がバリューチェーン上の人権、環境およびグッド

ビジネスと人権イニシアチブCHRBが2020年版ベンチマークを公表 トヨタなど自動車セクターも評価対象に

 11月16日、ビジネスと人権に関する国際的なイニシアチブであるCHRB(Corporate Human Rights Benchmark)が2020年版ベンチマークを発表した。このベンチマークは、日本企業27社を含む229社の人権課題への取り組みを、国連ビジネスと人権の指導原則に基づき、6つの分野(A.ガバナンスと方針、B.尊重の組み入れと人権デュー・デリジェンス、C

日本の食品・飲料企業が抱える強制労働リスク:KnowTheChainが発表

 サプライチェーン上の強制労働リスクに関する情報を発信する団体KnowTheChain1014日、世界の食品・飲料企業60社(北米23社、欧州13社、アジア18社、その他6社)を対象に、各社のサプライチェーンにおける強制労働リスクへの対応状況について調査した結果を発表した今年月にはICT(情報通信技術)セクターについて同様の調査結果が報告されたが、食品・飲料セクターにおいても