SDGs(Sustainable Development Goals: 持続可能な開発目標)とは、17の目標と169のターゲットからなる2030年までの国際社会全体の開発目標のことを指す。

SDGsは、2015年9月に国連本部で開催された「国連持続可能な開発サミット」において全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に掲げられている。

誰一人取り残さない社会の実現を目指し、持続可能な世界を実現するために、貧困や飢餓、エネルギー、気候変動、平和と公正等の経済、社会、環境をめぐる広範な課題に、統合的に取り組む。

法的な拘束力はないが、各国政府は当事者意識を持って、17の目標達成に向けた国内的枠組を確立するよう期待されている。

目標の達成に向けて、先進国、開発途上国、企業、NGO等全ての関係者の役割を重視している。企業に対しては、労働者の権利や環境、保険基準を遵守しつつ、持続可能な開発における課題解決のための創造性とイノベーションを発揮することを求めている。民間企業の活動・投資・イノベーションは、生産性および包摂的な経済成長と雇用創出を生み出す鍵となるからである。


2017年7月5日更新