アクティブ運用は、ベンチマークとなる東証株価指数(TOPIX)等市場インデックスを上回る運用成績を収めることを目指す運用アプローチで、パッシブ運用と並ぶ基本的な運用手法のうちの1つである。

アクティブ運用には、大別して、トップダウン・アプローチとボトムアップ・アプローチの2つの手法がある。

トップダウン・アプローチは、マクロ的な投資環境の分析から国別、株式、債券等資産別、業種別の配分比率を決定し、その後、個別の企業を分析して、銘柄を選定する。

ボトムアップ・アプローチは、最初に個々の企業を分析し、企業業績、資産等企業のファンダメンタルや成長可能性が現在の株価にまだ織り込まれていない銘柄を探し、選定する。

アクティブ運用は、市場インデックスを上回るリターンの達成の可能性を提供する一方で、調査コストや売買コストが高くなる、銘柄選定に失敗するといったリスクもある。専門家による市場、企業調査にはコストがかかる。また、アクティブ運用ではパッシブ運用に比べて組入れ銘柄の売買を頻繁に行うため、売買手数料や税金等運営コストも高くなる。


2017年7月5日更新