世界経済フォーラムとは、1971年に経済学者クラウス・シュワブにより設立された非営利財団のこと。ミッションは、「世界の現状の改善に向けて取り組む」こと。スイスのジュネーブに本部を置き、特定の利害と結びつくことのない、独立した公正な国際組織として、政界、ビジネス界、および社会におけるその他の主要なリーダーと連携し、世界情勢の改善に向けたアジェンダの形成を目指す。

世界経済フォーラムの運営を支えるのは1,000を超える会員企業および団体で、情報や人的ネットワークの提供、フォーラムへの参加などによって活動を支援している。

年に一度、1月末にスイスのダボスで開催される年次総会(所謂ダボス会議)が特によく知られており、フォーラムの会員企業1,000社のCEOのほか、選ばれた知識人やジャーナリスト、国際的な政治指導者などのトップリーダーなど2000名を超える参加者が一堂に会し、健康や環境等を含めた世界が直面する重大な問題について議論する場となっている。ダボス会議の他、地域別会議やさまざまな研究報告書の発表や、メンバーたちが各業界に関連したイニシアチブに関わるなどの活動を行っている。


2021年4月8日更新