企業年金の責任投資の実態は? 専門人材・運用委員会など公開情報から探る

 企業がESGを重視する経営を推進する中、その企業年金は責任投資にどう取り組んでいるのか。企業年金は運用会社に投資業務を委託しても、アセットオーナーとしての責任を担うことが期待されている。資産規模の大きい企業年金の公開情報からポイントを探った。  「責任ある機関投資家」の諸原則である「日本版スチュワードシップ・コード」では、運用会社による投資先企業への議決権行使やエンゲージメント(対話

【FTSEの新ESG指数】構成銘柄の騰落は? セクター・ニュートラルが特徴

 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が3月30日、新たなESG指数である「FTSE Blossom Japan Sector Relative Index」を採用し、指数に基づくパッシブ運用を始めたと発表した。新指数の特徴と構成する493銘柄の株価騰落を見ていこう。  新ESG指数の構成銘柄に選定された企業は4月に相次いで適時開示やプレスリリースで自社の選定を発表した。ほぼ連日